科学と産業の情報ライブラリーニュース 第13号

《50周年を迎えます-記念行事特集号》  (原紙(PDF:291kb)へのリンクです。

  県立川崎図書館は、昭和33(1958)年12月20日に開館し、今年で50年の節目となります。京浜工業地帯の中核・川崎という立地から、開館当初より科学技術関係に力を入れてきました。

  平成10(1998)年に自然科学、工学及び産業の分野に重点を置いた課題解決型の「科学と産業の情報ライブラリー」としてリニューアルし、さまざまなサービスを展開してきました。

  50周年を迎え、県立川崎図書館の足跡と活動を、より多くの皆様に知っていただくために、「これまでも、これからもチャレンジする川崎図書館」をキャッチフレーズに、さまざまな記念行事を開催いたします。皆様のご参加をお待ちしております。

記念行事

各種イベントも盛りだくさんの50周年記念事業です。

50周年記念行事のご案内

スペシャル・テーマ『情報』はじめました!

  IT技術の進展・普及もあり、多種多様なコンピュータ関係の図書が出版されています。一般に図書館では、こうした状況に対応する図書の分類が少なく、書店のコンピュータ書のコーナーなどに比べると、資料が探しにくかったのではないかと思います。
  そこで9月12日より、スペシャル・テーマ『情報』コーナーを3階科学技術室に設けました。2008年以降に出版された図書の一部を、「情報科学」「コンピュータ・システム」「プログラミング」「データベース」「アプリケーション」の5つの分類に分け、さらにプログラミング言語の種類やソフト別など33のテーマを作成し、本を並べました。
  コーナー全体の名称が『情報』なのは、実務的な解説書にとどまらず、IT技術の根幹に関わる理論書などにも目配りをし、奥深くテーマを展開したいと考えているからです。今後にご注目ください。

Science Now コーナー

  3階、科学技術室の入口付近に「ScienceNow」コーナーを設けました。
  旬の科学や技術の話題を随時、取りあげて、パネルや写真・文献などでわかりやすく紹介していきます。
  私たちの身の回りや世界各地で今、起きている事柄について当館の資料で、より詳しく知ることができます。
  ご来館の際には、是非、ご覧ください。

ユーザーサポートガイダンス

  県立川崎図書館をもっと活用していくために企画したユーザーサポートガイダンス。7月下旬から9月上旬にかけて5つのテーマで開催しましたが、定員を上回る申し込みをいただいた回もありました。
  今後の開催は、1月24日(土)「会社史を楽しむ」2月7日(土)「外国語科学雑誌を読むNature とScience」になります。いずれも15時から16時、2階ホールでの開催です。

ユーザーサポートガイダンスのご案内

複写申込書が簡略化

8月下旬から、複写の申込書を少し簡略化いたしました。これまで、ご連絡先・お名前を記入していただいていましたが、今後は資料名のみの記入となります。

あとがき

50年前の昭和33年、スバル360発表、関門トンネルが開通、長島茂雄のデビュー、チキンラーメンが発売、西鉄が3連敗後4連勝で日本一、皇太子様(当時)の婚約発表、聖徳太子の1万円札が発券され、東京タワーの公開開始、そして県立川崎図書館が開館しました。