講演会・企業の足跡を知る 第3回

日本ビール産業とキリンの歴史―ビール産業・キリン発祥の地、横浜を中心に―


世界各国で愛されているビール。日本ではビール類(ビール・発泡酒・新ジャンル)の消費量は減少傾向にあるものの、それでもなおアルコール消費量の過半数を占めており、人気の高さがうかがえます。 日本において、どのように、そして何故ビールが普及し、ここまで愛されるお酒になったのか?時代背景を踏まえてお話しいたします。

写真:横浜工場外観

横浜工場外観

日時

3月9日(土曜日)13時30分から15時

講師

山本武司 氏
(キリンビール株式会社 横浜工場 総務広報担当)

ご経歴:1998年キリンビール入社。多くの人にビールの楽しさや文化を伝えるビールセミナー講師・広報部ビール文化担当を務める。その後、名古屋工場を経て現職。
名古屋工場在籍時に清須市立図書館(愛知県)の「日本一ビールに詳しくなるための図書コーナー」設立に携わる。
著書:『うまいビールの科学』(ソフトバンククリエイティブ)

場所

神奈川県立川崎図書館(KSP西棟2F) カンファレンスルーム

定員

定員40名/無料
応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。


申し込み方法

受付は終了しました。

申し込み締切

2月25日(月曜日)(往復はがきは2月25日必着)

問い合わせ・申し込み先

企画情報課まで
〒213-0012 川崎市高津区坂戸3-2-1 KSP 西棟2階
電話:044-299-7825
FAX:044-322-8878