講演会・企業の足跡を知る 第1回

東洋製罐グループ創立者の足跡と容器を知る

日時

9月8日(土曜日)14:00から16:00

講師

蛭田 美穂 氏
(東洋製罐グループホールディングス株式会社 CSR部 CSRコミュニケーショングループ リーダー)

場所

神奈川県立川崎図書館(KSP西棟2F) カンファレンスルーム

定員

定員40名/無料

講師からのコメント

前半では日本初の容器専門会社である東洋製罐株式会社の創立者・高碕達之助の足跡 について紹介します。後半では容器の歴史から作り方・工夫まで、皆さんに身近な 「容器」についてお話しします。

【高碕達之助】
青年期から日本の産業発展に情熱を注いだ人物です。その後、通商産業大臣として政界でも活躍し、中国やソ連との国交に携わります。高碕の行動力は産業・経済・政治面でたくさんのものを後世に残しています。また、豊かな人間性でも多くの逸話が伝えられています。

写真:正面ガラスケース

高碕達之助
(提供:東洋製罐グループホールディングス株式会社)

【東洋製罐グループのご紹介】
東洋製罐グループは1917年(大正6年)の創立以来、金属・プラスチック・ガラス ・紙等の素材を活かし高品質・高機能の製品を「安全・安価・迅速」に提供するこ とに努めてまいりました。 2013年(平成25年)に持ち株会社体制へ移行し、グループ全体の経営戦略および目 標を明確に定め、グループ内の経営資源の最適配分を行うことにより、機動的かつ 効率的な事業運営を推し進めております。
(『東洋製罐グループ100年史』を2017年に刊行)


申し込み方法


申し込み締切

8月20日(月曜日)(往復はがきは8月20日必着)

問い合わせ・申し込み先

企画情報課まで
〒213-0012 川崎市高津区坂戸3-2-1 KSP R&D棟C-225
電話:044-299-7825
FAX:044-322-8878