開館50周年記念記念講演会

Web2.0 時代の技術情報  ‐何がどう変わるのか‐

情報ネットワークのイメージ

Web2.0 時代に何がどう変わるのか。Web2.0 の時代といわれる現在、技術情報の発信のされ方とその利用環境が大きく変化しているといわれています。その変化は、研究開発や産業のあり方にどんなインパクトをもたらしているのでしょうか。

「日経エレクトロニクス」の編集長を務められたあと、現在は早稲田大学客員教授として、産学連携の分野などでも活躍されている西村吉雄氏から情報環境の新しい潮流についてお話をしていただきます。

講師

  西村吉雄氏 (早稲田大学客員教授)

講師紹介

1965年東京工業大学電子工学科卒業。 1967年から68年仏モンペリエ大学留学。
1971年東京工業大学大学院博士課程終了、工学博士。同年日経マグロウヒル社(現在の日経BP社)入社。
「日経エレクトロニクス」編集長、調査・開発局長、編集委員等を歴任。
2002年2月東京大学教授。2003年3月同大学定年退官。
現在は、早稲田大学客員教授、東京工業大学監事等を務める。産学連携の分野でも活躍され、著書に『産学連携-「中央研究所」の時代を超えて』(日経BP社 2003)など多数。

日時 2008年11月22日(土)14:00~16:00
募集人員 50名
会場 神奈川県立川崎図書館 2階ホール
受講料 無料
申し込み 終了しました。