豆相海濱浦々図


下田湊

   『豆相海濱浦々図』は、享保年間に初代浦賀奉行の堀隠岐守利喬が、伊豆や相模の海浜を巡覧して作成させました。
17の港の図が描かれ領主名、湊の広さ、水深、所属船舶数等を付記した詞書が付きます。
当館の所蔵は天保年間の書写図と思われます。
 本図は縦32.3cm、横1,315cmの長尺の絵図で、冒頭に描かれた詞書のない下田港の絵図に続き、豆州5湊と相州11湊の詞書と絵図の対が描かれ、末尾に豆相海濱図巻題跋があります。

『豆相海濱浦々図』(OPAC所蔵検索)の書誌事項は次のとおりです。
 著者名 維嶽楼主人 書写
 出版  〔 不明 〕 1843年刊
 ページ等  1軸(33×1315cm)
 請求記号  地域  K292 215 常置    ( 65151912 )

『豆相海濱浦々図』については、「豆相海濱浦々図について」沓掛伊左吉著『三浦古文化』第3号(かながわ資料室所蔵)(OPAC所蔵検索)に詳しく解説されています。

デジタル画像(全17点)

「豆州」画像(全6点)

「相州」画像(全11点)