「横濱鉄道舘汽車往返之圖」 K72.1/20

 明治5年(1872)旧暦9月に新橋・横浜間に鉄道が開通しました。鉄道の開通は大変な評判を呼び、鉄道錦絵と呼ばれる浮世絵が大量に発行されました。三代広重もかなりの数を描いています。当時の横浜駅は現在の桜木町駅の場所にあり、アメリカ人建築家ブリジェンヌが設計したものでした。木造石張りの本屋を中心に、二階建ての建物を左右対称に配置したその姿が画面右手に大きく描かれています。また汽車の車体には、上等、中等、下等という表示もされています。

<close