利用案内(県立図書館、県立川崎図書館、横浜西口カウンター)

登録・貸出・延長・返却

登録(初めて借りる方)

県内にお住まい、お勤め、通学、いずれかの方は、県立図書館・県立川崎図書館の2館で使える図書館カードが作れます。ご本人がご来館のうえ「図書館カード交付申込書」に必要事項を記入し、住所の確認ができるもの(健康保険証・運転免許証・学生証等)を提示して手続きをしてください。在勤・在学の方は、所属を確認できるものを併せてご提示ください。

※郵送で登録を申し込むこともできます。詳しくはこちらをご覧ください。

貸出

  • 図書資料の貸出冊数は、県立図書館(視聴覚資料室含む)、県立川崎図書館、横浜西口カウンターで、それぞれ10点までです。(付属CD-ROMも1点と数えます)図書資料は、12点まで予約ができます。
  • 視聴覚資料(ビデオテープ・レコード・CD・カセットテープ)の貸出点数は、県立図書館(視聴覚資料室含む)、県立川崎図書館で、それぞれ6点までです。視聴覚資料は、6点まで予約ができます。
  • 貸出期間は、図書資料・視聴覚資料ともに3週間です。

※取扱が「常置」(図書館に常に置いておくべきもの)資料、雑誌など貸出できない資料もあります。

※2週間延滞すると図書館の資料が借りられなくなります。返却期限内にお返しいただくようにお願いいたします。

[インターネットで予約をすると・・・]

図書に限っては、「県立図書館」「県立川崎図書館」に加えて、「県立図書館横浜西口カウンター」でも受け取ることができます。

[最寄りの市町村図書館等で借りる場合は・・・]

最寄りの市町村図書館に申し込んでください。(視聴覚資料は除きます。)

図書館ネットワーク

貸出延長

返却期限日までに、電話・来館によってお申し出いただくか、ホームページでログインをして手続してください。他の方の予約がない場合1回だけ延長できます。
延長期間は、手続きを行った日から3週間となります。

※延長手続きは、原則的に返却期限日内に限ります。

返却

いつでも可能です。県立図書館・県立川崎図書館のどちらにでも返却できます(開館中はカウンターへ、閉館中は県立の図書館の所蔵図書に限り返却用ブックポストへ)。郵送・宅配便でも返却できます。

※ただし、宅配便でビデオテープ・レコード・CD・カセットテープ・CD-ROM等、こわれやすい資料を返却されるときは、”こわれもの扱い”にしていただくようにお願いいたします。

返却場所と返却できる資料

  県立の図書館
カウンター
(県立、県立川崎、視聴覚資料室)
返却用
ブックポスト
(県立の図書館のみ)
横浜西口カウンター
図書資料
付属CD-ROM等 ×
視聴覚資料
(音楽CD、ビデオ、レコード等)

(県立図書館は視聴覚資料室、県川は1Fカウンタのみ)
× ×

※県立の図書館で借りた図書は、市町村図書館には返却できません。

複写

当館の資料に限り、1人1部、著作権法第31条(*)の範囲内で複写(有料)できます。ただし、資料によっては複写できないものもあります。

*(図書館等における複製)
第三一条 図書、記録その他の資料を公衆の利用に供することを目的とする図書館その他の施設で政令で定めるもの(以下この条において「図書館等」という。)においては、次に掲げる場合には、その営利を目的としない事業として、図書館等の図書、記録その他の資料(以下この条において「図書館資料」という。)を用いて著作物を複製することができる。
一 図書館等の利用者の求めに応じ、その調査研究の用に供するために、公表された著作物の一部分(発行後相当期間を経過した定期刊行物に掲載された個個の著作物にあっては、その全部)の複製物を一人につき一部提供する場合
二 (略)
三 (略)

「複写申込書」に必要事項をご記入のうえ、係員にお申込みください。(セルフコピー)

料金は、白 黒:1枚10円カラー:B4判までは60円、A3判は90円

郵送による複写サービス

ご来館できない方に、県立2館が所蔵する資料を、著作権法で認められている範囲内で複写し、郵送するサービスです。

  • 資料の所蔵を確認のうえ、所蔵している館にお申し込みください。
  • 前納制です。現金書留、もしくは無記名の郵便為替が申し込み先の館に到着次第(郵送料として切手を別に頂きます)、複写物を発送いたします。

申し込み(ステップ1)

複写申込書をダウンロードし、必要事項(資料名の欄に請求記号あるいは資料番号と書名、雑誌や新聞の場合には、巻号年月日も)を記入のうえ、送付してください。その際、複写物の送付先として、氏名・住所と連絡先の電話番号をお知らせください。

■神奈川県立図書館の資料を複写する場合

神奈川県立図書館所蔵資料への申込書(リッチテキストファイル)

■神奈川県立川崎図書館の資料を複写する場合

神奈川県立川崎図書館所蔵資料への申込書(Excelファイル)利用案内(Wordファイル)

郵送で申し込む場合の送付先

(神奈川県立図書館の場合)
郵便番号:220-8585
住所:記入不要
あて先:神奈川県立図書館 ○○室(*)宛て
*複写する資料が図書の場合は「調査相談室」、新聞と雑誌と神奈川関係資料は「かながわ資料/新聞・雑誌室」、視聴覚資料は「視聴覚資料室」となります。

(神奈川県立川崎図書館の場合)
郵便番号:210-0011
住所:川崎市川崎区富士見2-1-4
あて先:神奈川県立川崎図書館 科学情報課宛て

FAXで申し込む場合

神奈川県立図書館のFAX番号:045-241-0985
神奈川県立川崎図書館のFAX番号:044-210-1146

メールの場合

申込書を添付ファイルでお送りください。

県立図書館への複写申し込みフォーム
県立川崎図書館への複写申し込みフォーム

料金の支払い(ステップ2)

  1. 資料の複写にかかる料金を記入した「料金計算書」をお送りします(郵送、FAX、メールのいずれかで)。
  2. (料金の内訳)
    白黒(B5~A3サイズ)1枚30円(消費税込)の複写料金と郵送料金(切手)の合計金額となります。

  3. 「料金計算書」の金額を、次の支払い方法で各担当室宛にお送りください。

  4. ※いずれの場合も、郵送料金は切手でお支払いください。
    ※複写料金の支払い方法に現金が含まれる場合は、現金書留をご利用ください。

    (現金の場合)
    複写料金=現金、郵送料金=切手

    (郵便為替の場合)
    複写料金=郵便為替(無記名)、郵送料金=切手

    (郵便為替と現金の場合)
    複写料金=郵便為替(無記名)+現金、郵送料金=切手

複写物のお受取り(ステップ3)

料金が到着次第、複写料金のレシートを発行し、複写物を郵送いたします。

相談・検索・予約・リクエスト

相談

各館(室)の職員におたずねください。資料案内をいたします。電話・手紙・FAX・Eメールでもお受けします。

メールレファレンスの申し込み

一定期間(通常1週間)、資料の取り置きもできます。専門的な調査は、県立図書館の場合は、調査相談室、をご利用ください。県立川崎図書館の場合は、3階閲覧室、1階ビジネス支援室をご利用ください

 

県立図書館では、お受けしたご質問およびその回答につきまして、当館ホームページ上の「事例紹介」および国立国会図書館の「レファレンス協同データベース」にて紹介させていただくことがございます。その際は、質問者様のプライバシー保護に配慮し、掲載内容を一部編集・加工して掲載させていただきます。

 

検索

コンピュータ検索ができます。書庫にある資料を閲覧するには、利用申込書をプリントアウトし、お名前を記入のうえ、カウンターまでお申し込みください。職員が資料をお出しします。書庫内資料の利用申込は閉館20分前(神奈川県立図書館の場合)までです。

予約・リクエスト

貸出中の資料はカウンターでも、ホームページ上からでも予約できます。
両館の資料を互いに取り寄せできます(ただし、取り寄せできない資料もあります)。

予約資料が受け取り可能な状態になりましたら、翌開館日にメールでご連絡いたします(メール登録者のみ)。予約資料の受取期限は、受取可能な状態となった日の翌開館日より1週間となります。期限を過ぎると予約取消となりますのでご注意ください。

未所蔵の図書はリクエストできます(購入、または県内外の図書館から借りてご提供します)。
他の図書館から借り受ける資料の場合、資料の利用状況、貸出館の事務手続き、物流スケジュール等により、1ヶ月以上かかる場合があります。また、貸出館の事務手続きの状況についてのお問い合わせには、お応えできない場合もありますので、ご了承ください。

データベース

両県立で利用できるものと、各館個別に利用できるものがあります。

神奈川県立図書館では、

日経テレコン21:限定メニュー版、ヨミダス歴史館(読売新聞記事データベース) 、D1-Law.com(第一法規 「判例体系」・「法律判例文献情報」)官報情報検索サービスが使えます。

神奈川県立川崎図書館では、

JDream3、Cinii、JP-NET、日経テレコン21が使えます。

データベースのご案内

インターネット

インターネット端末(パソコン)をご利用いただけます(メール、ゲームの利用など閲覧できないサイトがあります)。

県立図書館(紅葉ヶ丘)

本館1階「社会科学室」、新館3階「かながわ資料/新聞・雑誌室」で利用できます。

公衆無線LANサービス

本館1階「社会科学室」では公衆無線LANサービス(NTTdocomo,NTT東日本,ソフトバンク)が利用できます。「調査相談室」では公衆無線LANサービス(ソフトバンク)が利用できます。(それぞれ有料サービスdocomo Wi-Fi,フレッツ・スポット,ソフトバンク Wi-Fi契約をしている方) 新館ではご利用できません。

県立川崎図書館

1階の「ITコーナー」、3階の「インターネット情報検索コーナー」でご利用できます。

障害者サービス

県立図書館(紅葉ヶ丘)

来館が困難な方には郵送貸出(図書・カセットテープ・CD)のサービスがあります(要登録)。詳しくはお問い合わせください。

拡大読書器は調査相談室にあります。

スロープ入口は新館南側にあります。利用のお手伝いをいたしますので、ブザーで受付職員をお呼びください。

県立川崎図書館

来館が困難な方には郵送貸出のサービスがあります。拡大読書器は1階、3階にあります。

国立国会図書館による「図書館向けデジタル化資料送信サービス」

図書館向けデジタル化資料送信サービスについて

図書館向けデジタル化資料送信サービス(図書館送信)は、国立国会図書館がデジタル化した資料のうち、絶版等の理由で入手が困難な資料について、公共図書館・大学図書館等(国立国会図書館の承認を受けた図書館に限ります。)にデジタル画像を送信し、各図書館で画像の閲覧等ができるようになるサービスです。

詳しくは、国立国会図書館の「図書館向けデジタル化資料送信サービスについて」をご覧ください。

利用方法

閲覧

下記閲覧場所に備え付けの申込書に「図書館カード」の番号を記入の上、職員にお申し込みください。閲覧用端末(パソコン)をご案内します。

「図書館カード」をまだ作っていない方は、先に図書館カードの申し込みをしてください。

図書館カードの申し込みについては、左上「登録・貸出・延長・返却」をクリックしてください。県内にお住まい、お勤め、通学、いずれかの方のみ、ご利用いただけます。

複写(印刷)

閲覧場所に備え付けの複写申込書に資料名、永続的識別子(端末の画面に表示されています)、複写箇所のコマ番号(端末の画面に表示されています)をご記入の上、職員にお申し込みください。国立国会図書館の指定する利用条件により、実際の作業は職員が行います。

料金として、1枚30円(A4サイズ白黒のみ)かかります。

閲覧場所

神奈川県立図書館 調査相談室

神奈川県立川崎図書館 3階科学技術室