課題解決型リサーチライブラリー 神奈川県立図書館・神奈川県立川崎図書館

Top資料紹介>コレクション>ベストセラーズ文庫

ベストセラーズ文庫

ベストセラーズ文庫
明治以降約130年間のベストセラー・コレクションで、展示等に県内外からも広く利用されています。現在は、毎年の書籍売り上げ上位20位までを継続収集しており、1500冊を越えるこれらの資料群は、世俗・風俗・文化の推移を知る上で貴重であるといえましょう。

明治3年に尚古堂から刊行された福澤諭吉の「西洋事情」は、明治期初のベストセラーです。偽書が横行したため、福澤自身が大阪府知事に取締りを要望したといういわく付きの本でした。また、戦後初のベストセラーは「日米会話手帳」(科学教材社 1945年刊)で、360万部も売れています。

ベストセラーの時代的傾向として、1940年代は戦中の真相を伝える「旋風二十年」「愛情はふる星のごとく」等が読まれ、同時に戦後の生き方を模索する「ものの見方について」がベストセラーになりました。

1950年代は「太陽の季節」「挽歌」「美徳のよろめき」他、戦後作家の開花時代であり、1960年代は経済的なゆとりを背景に「性生活の知恵」「国民百科事典」「頭の体操」等が、1970年代は繁栄の中の翳りとともに「日本列島改造論」「恍惚の人」等が読まれました。

1980年代は「窓際のトットちゃん」が大人気になるなどタレント本が目立ち、1990年代はマルチメディア時代と言われるようになりました。

なお、ベストセラー文庫は館内のみの利用になり、館外貸出はしておりません。調査相談室(本館1階 рO45-263-5901〜2)にお問い合せ下さい。

 

●1986〜2005年のベストセラーズ文庫

19
  1987  1988  1989  1990
1991
  1992  1993  1994  1995
1996
  1997  1998  1999  2000
2001
  2002  2003  2004   2005

2006  
2007


先頭行に戻る