トピックスのとびら

図書館には図書、雑誌、神奈川資料、新聞、視聴覚資料、インターネットといったたくさんの情報のとびらがあります。そのとびらを開いて、時事的な話題を複合的な視点から紹介します。

No.172 感染症(2020年4月発行) PDF版268KB



トピックスのとびらの表紙

2019年12月31日に中国の武漢から最初に報告された新型コロナウイルス感染症が全世界的な広がりをみせ、我々の日々の生活をはじめ、医療、観光、スポーツ、経済等、様々な分野に大きな影響を与えています。世界保健機関(WHO)は13日、新型コロナウイルスの致死率は2009年にパンデミック(世界的な大流行)を起こしたH1N1型インフルエンザ(豚インフルエンザ)の10倍に相当すると指摘し、感染拡大を完全に止めるためにはワクチンが必要だとの見解を示しています。日本においても、感染者数は1万人を超え、200名を超える死者も出ており(4/21現在)、また病院における集団感染も発生するなど「医療崩壊」が懸念される事態となっています。新型コロナウイルスをはじめ、感染症は、過去にも人類の脅威となり、歴史に様々な影響を与えてきました。感染症は、完全に防ぐことは出来ませんが、対策は可能です。今回は、感染症の歴史や、危機管理についての資料を紹介します。

続きはこちら(HTML版)